みなさんこんにちは。少しずつですが、外出もできるようになってきたこの頃、いかがお過ごしでしょうか。私自身は、外出自粛中の運動不足のせいか、だんだん熱くなってきたこの時期、体がついていくのがやっとです。水分、適度な塩分、バランスの取れた食事、エアコンを上手に使うなどの工夫をして、暑さにも負けない体を整えていきたいものですね。

さて、今回は、私が読んでみてとても刺激を受けた、イタリアの作家、パオロ・ジョルダーノ著、「コロナ時代の僕ら」をご紹介します。この作品は、ローマに暮らす著者が今年2月末から、3月の頭にかけて、書き下ろした感染症にまつわるエッセイ27本が収められています。ぜひ読んでみてください。今回の新型コロナウイルスの中の生活から、私たちが学んだこと、教訓として忘れたくないようなこと、それが、あとがきのところにしっかりまとめられています。手洗い、うがい、マスクをしたり、アルコールなどによる消毒、部屋を適度に換気したり、テレワークによる働く時間や場所の変化、健康や家族の大切さなど、これまで気づかなかった周りにあった「よいこと」に、気づかされたという方も多いのではないでしょうか。

当店も3密を避けながら、営業しております。ぜひ日ごろの疲れを取りに、お越し下さい。感染対策防止のため、お手数をおかけしますが、お客様には検温などのご協力を引き続きお願いいたします。それでは、お元気でお過ごしください。そして、帰宅したら、手洗いやうがいなどを忘れないようにしましょう。!


 

 

参考資料: コロナ時代の僕ら(Kindle版)

 

大福  恵